寡婦控除

寡婦控除とは、納税者本人が寡婦であるときに、受けられる所得控除のことです。この寡婦に該当する人は、次の1.か2.のいずれかの条件を満たしている人です。

1.夫と死別、あるいは離婚後に単身で生活している人や、夫の生死が不明の人。なおかつ、扶養親族あるいは、生計を同じくする子どもがいる人で、その子どもの総所得金額が38万円以下の場合。

2.夫と死別、あるいは離婚後に単身で生活している人や、夫の生死が不明の人。なおかつ、合計所得金額が500万円以下の場合。

また、寡婦に該当する人が次の3つの条件も、全て満たしているときは、寡婦控除に上乗せした控除があります。これに該当する人は、”特定の寡婦”と呼ばれ、これは、母子家庭で収入が少ない母親を、支援するためのものです。

A.夫と死別、あるいは離婚後に単身で生活している人や、夫の生死が不明の人。

B.合計所得金額が500万円以下の場合。

C.扶養親族が子どもの場合。

寡夫控除とは、納税者本人が寡夫の場合に、受けられる所得控除のことです。寡夫にあてはまる人は、次の3つの条件を全て満たしていることが必要です。

1.妻と死別、あるいは離婚後に単身で生活している人や妻の生死が不明な人。

2.生計を同じくする子どもがいる人で、その子どもの総所得金額が38万円以下の場合。

3.合計所得金額が500万円以下の場合。

寡夫控除は、寡婦控除とは逆で、母親のいない父子家庭を支援するための制度になっています。

今すぐ専門家を探す

節税対策に強い専門家をPICK UP!!

節税対策に強い専門家を「節税対策専門ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 不動産鑑定評価のご案内 土地家屋調査士のご案内 不動産コンサルティングのご案内 税理士新聞に掲載されました Q&A QRコード