地方税

国税にはその他、直接税にも間接税にも分類されない流通税等があります。地方税とは、地方自治体がかけている税金で、道府県税と市町 村税と分かれています。さらに、地方税には普通税と、特定の費用にあてる目的税があります。特別区が課税する税金は、個人の市町村民税や、たばこ税などが含まれます。

普通税とは、集めた税金の使用目的を特に指定しない税金です。これに対して、目的税は、一定の政策目的のために徴収される税金です。

地方税には、住民税等が含まれ、個人に対してだけでなく、法人に対しても課金されます。

地方税とは、地方自治体がかける税金です。
地方税は道府県税と市町村税と分かれ、さらに一般的に経費にあてるための普通税と、特定の費用にあてるための目的税とに分かれます。ただし、東京都の特別区においては、道府県民税の税目のほかに、法人の市町村民税や、固定資産税、都市計画税、入湯税、事業所税なども、都が課税することになっています。特別区が独自に課税する税金には、個人の市町村民税、つまり特別区民税や、軽自動車税、たばこ税などがあります。

今すぐ専門家を探す

節税対策に強い専門家をPICK UP!!

節税対策に強い専門家を「節税対策専門ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 不動産鑑定評価のご案内 土地家屋調査士のご案内 不動産コンサルティングのご案内 税理士新聞に掲載されました Q&A QRコード