勤労学生控除

家庭の節税対策

勤労学生控除とは

働いている学生が納税者で、一定以下の所得である場合に受けられる所得控除です。また、勤労学生控除を受けられる学生のことを「勤労学生」と呼ばれています。

条件

勤労学生控除を受けられる条件は、一定以上の学校に通う学生で、学生が自ら労働をして所得を得ており、その給与所得が合計65万円以下であって、給与所得とは別の所得が10万円以下であるということです。

勤労学生控除を認めている一定以上の学校とは、国が認める一定の条件に該当する学校で、大学、専修学校、高等専門学校、高校、中学校などです。

その条件とは、「学校教育法」によって規定された学校であって、国や地方公共団体、学校法人により設置された専修学校や各種学校であり、一定の課程を履修さ せる学校や、職業能力開発を促すことを定めた規定の「認定職業訓練」を実施する学校であることです。自分の通う学校が、一定の条件を満たしているか知りたい人は、学校の窓口に問い合わせてみましょう。

例えば、学生が130万円の給与収入の場合は、給与所得控除65万円によって、給与所得は65万円ということになります。そのため、130万円以下の給与収入の学生は、条件を他にも満たしていれば、勤労学生控除を受けることができ、節税に利用できます。

手続き

勤労学生控除の手続きについては、給与を会社にもらっている場合、「扶養控除等申告書」を勤務先に提出して、必要事項を確定申告書に記入し、税務署に提出してください。専修学校や各種学校に通う学生の場合は、多少必要書類が異なるため注意が必要です。

本日のオススメ専門家をピックアップ

専門家を探す

職種から専門家を探す
業務から専門家を探す
所在地から専門家を探す
対応エリアから専門家を探す
フリーワードで探す
  1. 節税対策専門ガイド
  2. 節税対策専門ガイドのコラム一覧
  3. 家庭の節税対策
  4. 勤労学生控除